骨塩定量測定検査

ご利用案内

  • 画像診断部について
  • 一般撮影検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • 血管撮影検査
  • X線検査
  • マンモグラフィ検査
  • 体外衝撃波結石破砕術
  • 骨塩定量検査
  • PACS

骨塩定量測定検査とは?

低エネルギーX線を利用し、DEXA法(二重エネルギーX線吸収法)という最も正確な方法で骨塩量(骨密度)を測定する装置です。
測定値(計測値)をコンピュータにより解析して算出し、正常な値(標準値)と比較することによって、骨塩量を知ることが出来ます。
骨塩とは骨の強度(密度・ミネラル)のことで、年齢や疾患等による骨の変化を捕えるものです。 骨塩定量測定検査

測定方法 骨塩定量測定は、主に骨粗鬆症(osteoporosis)の診断や治療の経過観察に使用され、ホルモンのバランス異常、先天性の代謝性骨疾患の診断や治療、病態の解明などにも使われます。
骨粗鬆症は骨のカルシウムが減少し、骨がもろくなって骨折などを起こしやすくなります。
骨塩量が減少する場合、症状としては背部痛、腰痛、病的圧迫骨折などがあり、男性では老化、女性では閉経あるいは老化によって起こります。

検査結果