PACS画像保存システム

ご利用案内

  • 画像診断部について
  • 一般撮影検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • 血管撮影検査
  • X線検査
  • マンモグラフィ検査
  • 体外衝撃波結石破砕術
  • 骨塩定量検査
  • PACS

PACSとは?

Picture Archiving and Communication Systemの略で、画像保存通信システムのことです。 一般撮影、CT、MRIといった当院で使用している全ての撮影装置(モダリティ)から発生したデジタル画像データを保管(画像サーバー)、読影(画像レポート作成)、閲覧(電子カルテにて画像表示)、管理しています。
PACSを導入することにより、今までフィルムの運搬や保管に伴う手間やコストの削減ができるとともに、電子カルテやオーダリングシステム、RIS(放射線科情報システム)などと連携することにより院内業務の効率性が向上しています。
よって患者さまの待ち時間短縮に大きく貢献しています。

画像保存通信システム

利点

  • 医師が直接、画像処理や表示条件の変更ができ、従来のフィルムより多くの情報が得られる。
  • 画像データはデジタル保存されるので、画像劣化がない。
  • ネットワーク上の端末があれば、同時に違う場所で同じ画像の閲覧ができる。
  • 過去の検査画像も必要なときにはすぐ閲覧できる。