検体検査

検体検査

一般検査
尿の成分を調べて、腎臓や肝臓の異常をチェックします。
便の検査は、出血しているかどうかや、下痢や腹痛の原因は何か(細菌・ウイルスなど)をチェックします。

血液学検査
血液中の有形成分(赤血球、白血球、血小板など)から異常をチェックします。

生化学検査
血液中に含まれる成分(糖質、蛋白質、脂質、酵素など)をチェックします。

生化学検査
免疫学検査
細菌やウイルスに対する体の免疫機構をチェックします。

輸血関連検査
血液型を調べたり、安全に輸血を行えるよう交差適合試験を行います。

輸血関連検査
病理検査
手術などで摘出した臓器の異常をチェックします。