臨床工学科

臨床工学科とは

臨床工学技士はメディカルスタッフの一職種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。 今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。

臨床工学技士の制度が出来たのは比較的新しく、1987年に制定されました。臨床工学技士になるには定められた学校を卒業し国家試験を受ける必要があります。医療機器のスペシャリストとされていますが、主にどのようなこと業務を行うかといいますと、人が生きるための呼吸、循環、代謝といった生命維持を行う機能の代行・補助するための装置、すなわち「生命維持装置」を操作および保守・点検を医師の指示のもとに行っています。

例えば、心臓手術を行う際に一時的に心臓停止させるため心臓および肺の代わりを行う人工心肺装置(図1)の操作。人間にはなくてはならない酸素を補充するための呼吸を補助する人工呼吸器(図2)の操作、保守や管理。体内の老廃物を排出する腎臓の代わりになる血液浄化装置(図3)の操作、保守や管理などの生命にとって必要不可欠な医療機器を扱っています。
その他にも医療機器は様々な種類があり病院内の機器を管理しています。

日本臨床工学技士会

当院における臨床工学技士の関わり方

当院の業務は、血液浄化センター業務、人工心肺操作業務、心臓カテーテル業務、手術室業務、集中治療業務、医療機器管理業務と多くの業務を行っております。

臨床技術提供業務では工学の知識と技術を駆使して、安心で安全な質の高い医療の提供を目指しています。
医療機器管理業務では、日常・定期点検の確実な実施とチーム医療における他職種への安全研修・情報提供を行い医療機器の適切な運用を強化しています。

また、当院では「誰でも一定水準の臨床技術、医療機器の提供」を心がけているので、各種マニュアルの作成および、各種業務のローテーションを行い常に新しい情報・技術を提供できる体制を構築しております。

また、専門的な知見から意見が言えるようなスペシャリストの育成のために各種認定や資格の取得を行っています。しかし単に専門性を追求したスペシャリストではなく、エキスパートジェネラリストとして、各業務で常に良い医療技術や医療機器の提案や提供を行うことができる人材教育に取り組み、豊かな人間性と高い専門性を備えた集団を目指して他職種のスタッフとともに日々業務に取り組んでいます。

業務ローテーション