薬品管理室

ご利用案内

  • 薬剤部について
  • 調剤室
  • 薬品管理室
  • DI室
  • QandA
  • スタッフ

業務内容

薬品管理室では、病院内で使用する薬品の在庫の管理や発注、各病棟や外来などへ必要な薬品を払い出しています。薬品の管理とは、病院で使用する薬品を過不足なく揃え、各病棟や外来などに供給できるように調整をすることです。
しかしそれだけではなく、薬品のなかには常温では劣化してしまうものや、光によって薬品の成分が分解されてしまうものもあるため、病院内の薬品を温度や光から守っています。また、使用量があまり多くない薬品を、使用期限が切れる前に他の場所で使用できるように回収し供給することも、薬品管理の仕事です。

その他

その他の仕事として、入院している患者さん用の注射薬の調剤(取り揃え)と、より清潔に患者さんに投与できるようにクリーンベンチという無菌的に作業できる場所で点滴を調製しています。注射薬は大半が、血管へ直接投与するものです。そのため、錠剤や液剤よりも薬の効果が強く出たり、早く出ることがあります。血管に直接投与することによって、より多くの薬の成分が吸収されるので、そのような効果が出るのですが、量や薬自体を間違えたりすると、その分体に対する影響は大きくなります。そのようなことが起きないように、一人の薬剤師が責任を持って調剤を行い、他の薬剤師がダブルチェックを行っています。病棟でも看護師によるダブルチェックを行っていますので、4重のチェックを行ない、薬による間違えを事前に防止しています。

無菌的に点滴を調製することによって、患者さんを感染症から守ることや、病棟での看護師さんの負担軽減につながっています。そうすることにより、より安全に患者さんへ薬を投与することができます。

点滴の調製では、抗がん剤の調製も行っています。抗がん剤の調製は他の薬品に比べ、危険が伴います。それを安全に調製できる場所(安全キャビネット)で必要な防護服を着用し薬剤師が行うことによって、抗がん剤曝露による危険を最大限に減らし、医師や看護師の負担を減らし、患者さんが安心して点滴を受けられる環境を作っています。

薬品管理室からは、内科・外科・整形外科病棟へ薬剤師が出向き、入院患者さんあるいは、ご家族の方へ、薬の効果や副作用、服用上の注意点などの説明などを行っております。時には、医師や看護師などの他の職種に対し薬の提案や取り扱いなどのアドバイスをしたりしています。 

(文責:薬品管理室 主任 奈良部修弘)

薬剤管理室1