薬品管理室

ご利用案内

  • 薬局長より
  • 調剤室
  • 薬品管理室
  • DI室
  • QandA
  • 専門グループ
  • AST
  • ICT
  • NST
  • がんサポート
  • 心臓血管外科カンファレンス
  • 褥瘡委員会
  • 糖尿病教室
  • 教育システム
  • 新人教育
  • 実務実習受け入れ
  • 学会報告一覧
  • 病棟業務

業務内容

医薬品管理室では主に、
①院内の医薬品管理  ②注射薬の調剤と混合調製   
の業務を行っています。


院内の医薬品管理

ひとことで「医薬品管理」と言っても、その管理すべきポイントは多岐に渡ります。

◆医薬品を、温度や光などによる変化から守り、
 適切な環境で保管すること。
◆医薬品の使用期限が切れないよう在庫を調整し、
 期限切れの前に回収すること。
◆医薬品の在庫数、在庫金額を管理し、院内の各部署へ
 過不足なく安定して供給すること。

患者様の薬物治療を的確に行うために、医薬品の物流を担う重要な業務と考えています。

医薬品管理


注射薬の調剤と混合調製

注射薬は直接的に全身に作用するため、薬効も副作用も速く出ることがあります。そのため、注射薬の調剤は翌日1日分ずつ取り揃えています。1日毎に患者様の検査値などを見ながら、その薬物治療が適正かどうか、病棟担当薬剤師とも連携し、薬剤師の視点から確認しています。

混合調製は主に、院内で使用する中心静脈からの点滴のほとんどと入院・外来の抗がん剤のほぼ全てを混合調製しています。中心静脈からの点滴を実施する場合、感染が大きな問題となりますので、クリーンベンチを用いて無菌的に調製することで院内感染のリスクを低減しています。

抗がん剤の混注は、細胞毒性を持つ抗がん剤を取り扱う薬剤師・看護師・医師や患者様に悪影響(曝露)を与えないよう、トレーニングを積んだ薬剤師が安全キャビネットを用いて、できる限りの安全を確保し無菌的に混合調製しています。

(文責:医薬品管理室 副主任 白井友基)


薬品管理室1

薬品管理室2 薬品管理室3