理念・基本方針
看護体制・組織図
教育方針/目標/教育計画
新人教育システム
認定看護師の紹介
看護の日フェスティバル/公開市民講座
看護師復帰支援プログラム
看護学生インターンシップ
看護師パート 病院見学・相談会
エッグナース募集
求人案内
合同就職説明会
よくある質問
横浜メディカルグループ看護部

教育方針・目標

教育方針

病院、看護部理念に基づき、医療人として、組織人として、看護職として必要な能力を育成する。



教育目標

「急性期看護を日々実践し、キャリアを積む、成長し続ける」

1.クリニカルラダーを活用し、学習の機会を計画的に意図的に作る。

2.安全、安心な看護が提供できる実践能力を段階的に習得する。

3.経験や役割実践から、概念化能力、問題解決能力、コミュニケーション能力の向上を図る。

4.専門職としての倫理観、看護観を形成し、個々のキャリアビジョンが描けるようにサポートする。



ラダーレベルの全体構造



クリニカルラダー各レベルにおける組織役割と教育プログラム



クリニカルラダーレベル別達成目標

レベル 到達目標
レベルV【師長としての役割モデルの発揮】

1.部署の提供する看護に責任を持ち、看護部全体の看護の質向上に向けた取り組みができる。

2.病院の理念や目標に沿った病棟運営を行い、病院経営に参画できる。
対象を問わず、役割、状況に応じリーダーシップが発揮できる。

3.看護部における教育的役割がとれる。管理職としての自己の課題に対し、積極的に自己研鑽ができ、その学びを病棟管理に生かすことができる。看護的視点、研究的視点を持って指導できるスタッフを育成できることができる。

レベルⅣ【主任としての役割モデルの発揮】

1.固定チームナーシングを活用し、スタッフ、チームが提供する看護に責任が持てる。

2.管理者と共に病棟運営を行う。対象を問わず役割、状況に応じリーダーシップを発揮する。

3.病棟単位における教育的役割がとれる。管理職としての自己の課題を明らかにし、自己研鑽できる。自らが看護的視点、研究的視点を明確に持ちスタッフにレポート、研究の指導ができる。

レベルⅢ

1.看護実践を通して、役割モデルとして行動する。

2.管理者と共に病棟運営に積極的に参加する。分科会、他職種に対しても状況に応じ、リーダーシップを発揮することができる。

3.病棟単位における教育的役割がとれる。教育的、管理的課題を明らかにし、自己研鑽できる。研究疑問を自らが持ち、看護研究に取り組める。

レベルⅡB

1.個別性を踏まえた看護が展開できる。

2.病棟の役割に応じたリーダーシップを発揮することができる。

3.自己の学習課題が明確にでき、積極的に自己研鑽できる。

4.指導を受けながら、新人や後輩の指導ができる。

レベルⅡA

1.看護過程をふまえた看護が展開できる。

2.デイリーダーや病棟の役割を通し、メンバーシップを発揮する。

3.自己の学習課題に対し自己研鑽ができ、自らの看護実践に生かすことができる。

レベルⅠ

1.部署の特殊性、専門性を考えたケアが実践できる。

2.チームメンバーとしての役割を認識し、行動する。

3.自らの学習課題を明らかにし、自己研鑽できる。

新人

1.日常生活援助のための基本的知識、技術を身につけ、ベットサイドケアが安全に実践できる。

2.組織の一員であることを自覚し、行動する。

3.指導を受けながら、自己の学習課題を明らかにすることができる。

※看護的視点とは・・・現象の中から看護とは何かを問い、明らかにすることのできる力

※研究的視点とは・・・現象の中から研究疑問は何か、明らかにすることのできる力



准看護師教育

到達目標

1.根拠に基づいた安全、安楽な看護ケアが実践できる。

2.急性期病院における医療チームの一員であることを自覚し、行動できる。

3.看護に必要な知識の学習を継続して行い、自己の看護実践に活かすことができる。

教育方法

1.日々、安全・安楽な看護ケアを実践するための知識・技術を習得する機会を設ける。

2.自らの看護、行動を振り返り、医療人として・看護師としての課題を明確にする。

3.管理者・チームメンバーのサポートのもと、必要な役割を担い、自己の課題を解決していく。



※新卒准看護師の教育

当院における准看護師の到達目標を目指す上では、准看護師も新卒看護師同様、まずは新人看護研修で臨床実践能力(Ⅰ看護職員としての基本的姿勢、Ⅱ技術的側面、Ⅲ管理的側面)の習得を目指していく必要がある。そこで、新卒准看護師は、新入職オリエンテーション、クリニカルラダーレベルの新人研修に参加し、臨床実践能力を学習していく。

そしてその評価については、クリニカルラダー評価表(1)や新人チェックリストを用いるが、評価における到達度は、個々の状況に合わせ設定をしていく。


※2~3年目准看護師の教育

新卒准看護師として入職し、新人研修で臨床実践能力の習得を目指してきたものは、2年目以降もレベルⅠ、レベルⅡA研修を学習の機会とし、准看護師の到達目標を目指す。

2年目以降の評価については、看護実践評価表(1)准看護師用を用い、面接にてその卒後年数にあった到達目標を設定していく。同時に、個々のキャリアニーズを確認し、進学のサポートを行っていく。


※4年目以降准看護師の教育

3年の経験の中で日常生活援助、基本的病棟業務の到達度を評価し、准看護師研修にて、さらなる知識・技術の習得、自己の看護を振り返る機会を持ち、准看護師としての到達目標を目指していく。

日常生活援助、基本的病棟業務の到達度に不足がある場合は、院外研修やOJTでその学習の機会を設ける。また、常に個々のキャリアニーズを確認しながら、進学を視野に入れサポートする。


教育計画

クリニカルラダーのレベル別に研修を行っています。新人~レベルⅡbまでの集合研修は、原則として勤務時間内で行っています。


院内研修の他、横浜メディカルグループ主催の研修への参加、常勤非常勤・育休中もe-ラーニングが活用できます。


教育計画の詳細はこちら



菊名記念病院 トップページ

  Copyright © 2009 Kikuna Memorial Hospital. All rights reserved.