後期臨床研修 心臓血管外科

ご利用案内

  • 初期臨床研修医概要
  • 初期臨床研修医研修制度の特長
  • 初期臨床研修医 研修プログラム
  • 初期臨床研修医スケジュールと各科の研修内容
  • 初期臨床研修医募集要項
  • 後期臨床研修医心臓血管外科
  • 後期臨床研修医外科
  • 後期臨床研修医募集要項
  • 研修医の声

予約受付時間 平日8時30分~17時30分 土曜8時30分~13時 電話番号045-402-7015

当科の特徴

心臓血管外科は、心臓血管外科専門医認定機構の定める「心臓血管外科認定基幹施設」に認定されており、3名のスタッフで年間総手術件数268例(内、心血管手術118例)を行っています。

手術のみならず患者満足度を上げるためひいては地域住民の方が治療チャンスを逃すことなく高い健康水準で暮らせるために、当科は通常診療以外にも様々な活動に取り組んでいます。

例えば、横浜市各施設の心臓血管外科間のネットワーク事務局や地域コミュニティーセンターでの講演活動などです。その活動の一部をfacebookページで紹介しており、病院関連ページとしては日本でも有数なページの一つとなっています。右側のfacebookアイコンからアクセス出来ますので、是非一度ご覧ください。

募集について

医師3~5年目までの方を募集します。年齢は問いません。

心臓血管外科専門医資格取得を目指す場合、通常、半年から1年間程度の一般外科研修が必要です。一般外科研修の経験の有無は問いません。一般外科研修は、当院での研修も可能ですし当院関連施設での研修も可能です。

研修プログラムについて

まずは、出来るだけ早い段階での外科専門医資格取得を目指していただきます。外科専門医資格取得に必要な診療経験や業績が不足している場合、それらを充足できるようなカリキュラムを積極的に組んでいきます。
外科専門医資格取得と平行して、心臓血管外科専門医として相応しい知識と経験を兼ね備えることができるように中身の濃い研修を積んでいただきます。

具体的には、当初は指導医とともに手術前後の全身管理を行い、のちには独立して指示が出せることを目指します。そのためには、心臓・血管疾患の病態生理に関する幅広い知識を持ち、心エコーを初めとした各種検査の実施や外科的処置に精通していただきます。

手術は、手術プランの作成から術中の手術室全体をコントロールできるような真の執刀医を目指していただきます。そのためには、下肢静脈瘤手術や透析用内シャント造設術などの末梢血管手術から始まり、腹部大血管手術、開心術へと一段一段着実にステップを踏むことが肝要です。

学術的業績として、各種学会発表や論文執筆を指導医の指導のもと行っていただきます。学会発表は少なくとも年に2~3回以上、論文執筆は年に1本以上を目標とします。

そして何よりも、患者さまやご家族のみならず地域社会から信頼と評価を得られるような心臓血管外科医を目指して共に活動していただきます。
当院心臓血管外科は、手術はもちろんのこと、術前の外来受診から退院後の外来通院まで、患者さま一人一人に合わせたオーダーメイドで質の高い医療を提供しています。志高く、熱い気持ちでともに取り組んでくれる方の志望をお待ちしております。

指導医

院長兼
診療統括部長
村田 升
心臓血管外科専門医
循環器専門医
日本外科学会専門医・指導医
心臓血管外科専門医認定機構修練指導者
部長
尾頭 厚
心臓血管外科専門医
日本外科学会専門医・指導医
ステントグラフト実施医
ICD/CRT研修修了医
血管内レーザー焼灼術実施医
日本心臓血管外科学会国際会員
ICD(インフェクションコントロールドクター)
心臓血管外科専門医認定機構修練指導者
医長
奈良原 裕
心臓血管外科専門医
日本外科学会専門医
ICD/CRT研修終了医
米国心臓協会ACLSプロバイダー
日本救急医学会JATECプロバイダー
日本救急医学会JPTECプロバイダー
血管内レーザー焼灼術実施医
弾性ストッキングコンダクター
臨床研修指導医
日本旅行医学会認定医