入院リハビリテーション

ご利用案内

  • リハビリテーション科について
  • 入院リハビリテーション
  • 外来リハビリテーション
  • 部門紹介
  • スタッフ
  • 施設基準
  • 診療実績
  • 物理療法機器
  • 活動報告
  • スタッフ募集
  • 見学申込・お問合わせ

業務内容

  • あらゆるリハビリテーション適応疾患に対して、早期離床を促し、寝たきりによる廃用症候群を予防します。
  • 脳卒中などの脳血管障害では、随意性の促通・協調動作・バランス練習などにより運動機能の回復を図り、起居・坐位・起立・移乗などの基本動作の再獲得や食事・更衣・入浴・排泄などの日常生活動作(ADL)の練習も行います。また、言語障害や高次脳機能障害が生じた際には、詳細な評価や機能回復のアプローチを実施します。
  • 骨折・脱臼・靭帯損傷などの整形外科疾患では、物理療法等による疼痛の軽減・関節可動域運動・筋力増強運動を中心に、日常生活からスポーツ活動への復帰までを促進していきます。
  • 心・大血管疾患や呼吸器疾患、糖尿病などの内部障害のリハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。
  • 家庭復帰への準備として、住環境の整備や家族介護指導などを行います。また、職場復帰への準備も行います。
  • 急性期から回復期、慢性期、在宅医療におけるリハビリテーション連携を推進していきます。

リハビリテーションを受けるためには

リハビリテーション科では、各診療科医師による指示のもと、外来・入院患者様へ多方面の医学的治療を理学療法士、作業療法士、言語聴覚士により実施しております。
リハビリテーションを開始するためには医師による指示が必要となりますので、受診が必要です。

対象疾患

中枢神経疾患

脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、中枢神経の変性疾患、腫瘍、脳血管の異常、脳炎など

整形外科疾患(運動器の障害)

手足・脊椎の骨折、腰痛、頸部痛、肩関節周囲炎、退行変性疾患、腰椎椎間板ヘルニア、靭帯損傷、変形性関節症、四肢の切断、様々な運動器由来の疼痛など

呼吸器疾患

慢性閉塞性肺疾患、肺炎、喘息、全身麻酔後の肺機能低下など

心疾患

心筋梗塞、狭心症、大動脈解離など

内科的疾患、体力低下

糖尿病、高齢、術後体力低下などの廃用症候群