スタッフ

ご利用案内

  • リハビリテーション科について
  • 入院リハビリテーション
  • 外来リハビリテーション
  • 部門紹介
  • スタッフ
  • 施設基準
  • 診療実績
  • 物理療法機器
  • 活動報告
  • スタッフ募集
  • 見学申込・お問合わせ

スタッフの声

新人紹介

スタッフ集合写真

吉川千晴 (理学療法士)

私は祖母のリハビリをそばで見ていたことから理学療法士を目指しました。病状の変化の早い急性期で患者様のために自分ができる最大限のリハビリを提供したいと思い、当院に入職しました。患者様の目線に立ち、元気に頑張りたいと思います。


岡村直樹 (理学療法士)

私は自分が病気になった経験から理学療法士という職業を知り、そこで見た理学療法士のようになりたいと思いこの仕事を目指しました。また実習で患者様に早期から介入することの重要性ややりがいを感じ急性期病院で働きたいと思い当院に入職しました。患者様のことを第一に考え、寄り添えるような理学療法士を目指して頑張りたいと思います。


杉本華奈 (理学療法士)

私は知人に紹介されて理学療法士の素晴らしさを知り、目指すことを決めました。急性期病院ならではの病状の移り変わりや、やりがいなど実習を通して感じたため、当院に入職しました。常に患者様に寄り添いながら、明るく笑顔でリハビリを進めていけるように頑張ります。


髙橋千晶 (作業療法士)

テレビのドキュメント番組で作業療法の存在を知り、それまで患者様を歩けるよう、動けるように支援することがリハビリだと思っていた私にとってはとても衝撃的で、そこから作業療法士を目指し始めました。患者様の心に寄り添い、精神的にも身体的にも支援できるような作業療法士を目指してまいります。


安川千芙美 (作業療法士)

同居していた祖母の役に立ちたいと思い、家族の勧めもあって作業療法士を目指しました。他院で急性期リハビリテーションを経験し、より徹底したリスク管理や教育・指導について学びたいと感じ、当院に入職しました。初心に戻り、笑顔が絶えないリハビリテーションを提供できるよう頑張ります。


小林花野 (言語聴覚士)

私は「話す・聴く・食べる」といった生きていくうえで欠かせない機能に障害をもつ方々への手助けができる事に魅力を感じ、言語聴覚士を目指しました。患者様一人ひとりと向き合い、少しでも多くの方に笑顔になってもらえるように頑張ります。