放射線科

ご利用案内

  • 総合診療科
  • 内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 腎・膠原病内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 循環器センター
  • 消化器センター
  • 下肢静脈瘤センター
  • 糖尿病専門外来
  • 肝臓専門外来
  • 女性専門外来

予約受付時間 平日8時30分~17時30分 土曜8時30分~13時 電話番号045-402-7015

担当医に聞いた3つの特長

  1. 常勤の放射線科専門医による迅速かつ良質な画像診断
  2. 院外からのCTやMR等の検査依頼にも広く対応
  3. インターベンショナルラジオロジー:IVR(画像診断を利用した治療)への取り組み

診療内容

CTやMRによる画像診断はこの30年ほどで急速に発達し、今や医療には欠かせない存在となっています。当院では検査当日に放射線科専門医が全てのCT・MR画像を評価し、診断した上で報告書を作成しています。

また、院外からの検査依頼にも同様に対応可能で、遅くとも翌日には画像のみではなく報告書を主治医の先生にFax等でお届けできる体制となっています。地域の「画像診断センター」と考えていただければ良いと思います。

この他、各種ドレナージや肝癌の塞栓療法、脳動脈瘤コイル塞栓術、透析シャントの血管拡張術などIVR(画像診断を利用した治療)も得意とし、積極的に取り組んでいます。

64列MDCTによる冠状動脈撮影

医療関係者の方へ
詳しくは「検査の予約について」をご参照ください。

担当医よりメッセージ

放射線科専門医には診断専門医と治療専門医がいますが、当院の放射線科は診断専門医です。最近ではMRI装置のように放射線(X線)を利用しない装置もありますので画像診断医とも呼ばれます。

画像診断専門医は放射線技師によって撮影された単純写真(レントゲン写真)やCT、MRなどの画像を解析し、その所見と診断の報告書を作成します。また、血管撮影などの特殊検査やインターベンショナルラジオロジー:IVRと呼ばれる画像診断を利用した治療も行います。

脳動脈瘤に対するコイル塞栓術(血管内治療)

透析シャント血管狭窄の拡張術

頭から足先まで、内科や外科だけではなく、脳神経外科、整形外科などあらゆる部位、科の画像を診断しますので、全身の解剖に加えて幅広い病気の知識が必要とされています。患者さまと直接接する機会が少ないため一般の方にはなじみが薄いかもしれませんが、欧米ではDoctor's doctor(医者達のための医者)とも呼ばれ、麻酔科医や病理医と共に臨床医学を縁の下から支えています。

まだまだ日本では放射線科専門医の数が少ないため、大学病院のような大きな病院でしか常勤の専門医がいないことが多いですが、当院では開院当初から専門医が診断を行っています。皆さまが受けられたCTやMR検査の画像は主治医の先生だけではなく、画像診断の専門医もチェックしているのです。

担当医一覧

当院にて、放射線科医師によりIVR(画像下治療)を受けられる患者さまへ、医学系研究に対するご協力のお願いがございます。詳細をこちらのPDFよりご確認の上、ご協力をお願い申し上げます。

【対象となる方】

2013年7月1日以降、当院にて放射線科医師によるIVR(画像下治療)を受けられた方

IVRを受けられる患者様へのお願い
IVRを受けられる患者様へのお願い
[PDF:234kb]

担当医一覧

劉清隆
部長
劉 清隆
常勤 部長 劉 清隆
医長 穴村 聡
橋爪 崇
非常勤
岡本 博子
児山 久美子
佐藤 貴子
高濱 典嗣
滝川 明子
武中 泰樹
豊福 康介
馬場 麻衣子