肝臓専門外来

ご利用案内

  • 総合診療科
  • 内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 皮膚科
  • 腎・膠原病内科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 循環器センター
  • 消化器センター
  • 下肢静脈瘤センター
  • 糖尿病専門外来
  • 肝臓専門外来
  • 女性専門外来

予約受付時間 平日8時30分~17時30分 土曜8時30分~13時 電話番号045-402-7015

診療内容

B型やC型などのウイルス性慢性肝炎に対し、抗ウィルス療法を積極的に行っています。

B型慢性肝炎には、核酸アナログ製剤(エンテカビル、アデホビル、ラミブジン)を投与し、ウィルスを減少させることで肝炎から肝硬変症への進展を防止します。C型慢性肝炎には、ペグインターフェロン、リバビリン、シメプレビル3剤併用療法などを施行しウィルス排除を目指します。

現在は、B型肝炎およびC型肝炎は、医療費助成制度が適用され患者さんの経済的な負担が大きく軽減されています。

最近は、メタボリック症候群の増加が話題となっていますが、その肝臓での表現型である非アルコール性脂肪肝炎(NASH)も増加しており、その診断と治療にも積極的に取り組んでいます。

また、肝硬変症など肝がんの高リスク群に対し、腹部エコー、腹部CT、造影超音波検査(ソナゾイド)、造影MRI(プリモビスト)などを駆使し、肝癌の早期発見に努めています。肝がんの治療は、放射線科医師と協力し、ラジオ波焼約療法、肝動脈塞栓療法、肝動注療法等を行っています。

担当医よりメッセージ

ウイルス性肝炎、特にC型肝炎は治る時代になってきました。公費助成制度も改善されてきており、経済的負担も軽減しています。肝がんの発生予防のため適応のある患者さんは積極的に治療を受けることが望まれます。

担当医紹介

非常勤 井上 和明