よくある質問

ご利用案内

  • 臨床検査科トップ
  • 検体検査
  • 一般検査
  • 血液学検査
  • 生化学検査
  • 免疫学検査
  • 凝固系検査
  • 輸血関連検査
  • 細菌検査
  • 検体検査項目のご説明PDFファイル
  • 採血・採尿
  • 採血・採尿について
  • 外来採血の流れ
  • 採血管の種類について
  • 採血器具について
  • 採血における合併症について
  • よくある質問
  • 術中迅速病理診断
  • 生理検査
  • 心電図
  • ホルター心電図
  • ABI(足関節-上腕血圧比)
  • 肺機能
  • 聴力検査
  • トレッドミル
  • 心肺運動負荷試験(CPX)
  • ACDテスト(絶対跛行距離)
  • SPP(皮膚灌流圧)
  • 脳波
  • PSG(終夜ポリソノグラフ)
  • NCV(神経伝導速度)
  • 術中MEP
  • 生理検査項目のご説明PDFファイル
  • 超音波検査
  • 検査について
  • 心エコー
  • 腹部エコー
  • 造影エコー
  • 泌尿器エコー
  • 腎血流エコー
  • 甲状腺エコー
  • 乳腺エコー
  • 頸動脈エコー
  • 下肢動脈エコー
  • 下肢深部静脈エコー
  • 下肢表在静脈エコー
  • シャントエコー
  • 活動報告
  • 活動報告2019年
  • 活動報告2018年
  • 活動報告2017年
  • 活動報告2016年
  • 活動報告2015年
  • 1日の業務内容
  • 検体検査室
  • 生理検査室
  • 外部精度管理実績
  • 平成30年度臨床検査科実績PDFファイル
  • 検査たより

よくある質問

Q. 採血時にめまいがします。

A. 針を刺すことで迷走神経が刺激されて脈拍や血圧が
  低下する副作用を血管迷走神経反応(VVR)といいます。

  VVRは採血中や採血後に気分不快感や吐き気、めまい、
  意識消失などの症状を起こします。採血中にこのような
  症状が現れた場合は直ちにスタッフに知らせて下さい。

  また、過去にこのような症状が出たことのある方は
  事前に申し出て頂けると、ベッドで横になって
  採血することも可能です。


Q. 食事をして来院しました。

A. 食事をした場合、血糖や中性脂肪などが
  空腹時よりも高値となる場合があります。
  診察時、主治医に申し出てください。


Q. 消毒でかぶれてしまうのですが...

A. アルコールに過敏な方は、アルコール綿を使うと
  赤くなったり、腫れたりします。
  事前に申し出て頂ければ別の消毒綿を使用致します。


Q. 採血量はどれくらいですか?

A. 採血管の種類によって血液の入る量は異なります。
  また、採血の本数も患者様ごとに異なりますが、
  多くの方は10~20cc程度となります。


Q. 多くの本数をとる理由は?

A. 検査項目によって採血管の中に入っている薬剤が
  異なるためです。詳しくはこちらをご覧下さい。


Q. 採血方法(使用器具)の違いについて
  教えてください。


A. 採血量や血管の状態を見て判断しています。


Q. なぜ採血後に3分間押さえなければ
  ならないのですか?


A. 採血後、すぐに血液は止まりません。
  きちんと止血されないまま押さえるのをやめてしまうと、
  後からあざになったり、
  出血してきてしまうことがあるからです。

  血液をサラサラにする薬を服用している方は
  5分間押さえて頂く場合もあります。


Q. SMBG(自己血糖測定器)と
  採血の時の血糖値に差が出るのは何故ですか?


A. 「動脈血>毛細血管血>静脈血」の順に
  血糖値は高くなります。
  SMBGでは毛細血管血で血糖値を測定しているため、
  病院の採血(静脈血)より10~20mg/dl高値となります。


Q. ちょっと血液が黒すぎない?

A. 採血は静脈より行っています。
  静脈血は全身に酸素を供給したあとの、
  二酸化炭素を多く含んだ血液で暗褐色をしています。

  反対に動脈血は酸素を多く含んでおり、
  鮮紅色をしています。


Q. 採血した当日はお風呂に入って大丈夫ですか?

A. 当日から入浴して頂いて問題ありません。