教育システム

病棟業務

 当院では、脳神経外科・泌尿器科・内科病棟・循環器内科・心臓血管外科病棟・整形外科・内科病棟・外科・消化器内科病棟・個室病棟・ICU(集中治療室)及びCCU(冠疾患治療室)・SCU(脳卒中治療室)に各1名/日の薬剤師が専任で病棟業務を行っています。

病棟で行っている薬剤師の業務内容は、大きく分けて2つです。

病棟薬剤業務(主に薬剤の投与の前における業務)

 入院中の患者様が安心して薬物治療を受けられるように入院時に初回面談にて情報収集(副作用歴、アレルギー歴、既往歴、服薬状況、持参薬等)を行い、その情報を踏まえて処方設計、処方提案、代替薬の提案等を医師に行っています。その上でハイリスク薬や抗がん剤を投与する患者様に対しては事前に説明を行い、投与量の計算や、確認を行っています。

 複数の薬剤が投与される場合は、事前に相互作用、重複投与の確認を行います。患者様のもとに伺い副作用が出現していないか確認し、薬剤のアドヒアランスの評価・確認を行います。一部薬剤については、TDM(治療薬物モニタリング)の結果を医師にフィードバックし、必要に応じて処方変更・処方提案を行っています。

 更にカンファレンスへ参加し、患者情報を多職種から収集し情報共有をするとともに、薬剤師の目線から薬物療法について提案も行っています。


病棟薬剤業務




薬剤管理指導業務(主に投薬後における患者に対する業務)

 薬の投与前の確認だけでなく、投与後においても薬歴の確認、処方内容の確認として薬学的管理(投与量、投与方法、相互作用、重複投与、配合変化、配合禁忌等の確認)を行い投薬の妥当性の再確認を行っています。特にハイリスク薬や麻薬等の処方については妥当性を幾度も確認し、安全に薬物治療が行なえるようにしています。

 また、患者様やご家族様と面談を行い退院後も適切な薬物治療が継続できるようにわかりやすく説明・指導を行っています。退院後も患者様の相談に応じることで安心して薬物治療を受けられるよう努めています。

 その他にも内服薬の個人セット、麻薬・毒薬・向精神薬の確認等も行い薬物治療の適正使用やリスクマネジメントに寄与しています。

薬剤管理指導業務

(文責 係長 米澤禎貴)