調剤室

業務内容

調剤室の主な業務としては①入院患者さんの内服薬・外用薬の調剤(入院調剤)、入院時に患者さんが持参した薬剤の鑑別(持参薬鑑別指示書の作成)と②薬剤部外来カウンターでの外来患者さん対応の2つがあります。

入院調剤では、当院は電子カルテを導入しているため、医師が入力した処方を調剤室で確認できます。医師が処方した全ての処方内容に関して用法・用量は適切か、飲み合わせ(相互作用)は問題ないか、重複投与はしていないか等の確認(処方監査)を必ず行います。 疑問がある場合は処方医師に確認(疑義照会)を行った上で、患者さんが安全に薬を使用できるよう調剤をしています。 また、散剤自動分包機と錠剤自動分包機を導入しており、オーダリングシステムを通じて処方内容は全て共有され業務の効率化を図っています。

外来患者さんは原則、院外の保険薬局にてお薬を受け取ってもらっていますが、外来院外・院内処方箋の処方内容の確認は薬剤部外来カウンターで当院薬剤師が行っており、院外の保険薬局とダブルチェックを行うことで安全性を高めています。
薬剤部外来カウンターの主な業務としては、外来院外・院内処方箋の内容確認(処方監査)と交付、院外の保険薬局からの疑義照会の対応等を行っています。
最近では、院外の保険薬局からのトレーシングレポート(アドヒアランス、残薬状況、治療上の有害事象等において緊急性は低いが、処方元医療機関への情報共有が必要と考えられる事項を記載した服薬情報提供書)を通じて院外の保険薬局薬剤師から情報をもらい、当院との連携のもと外来患者さんがより安全で無駄のない薬物治療が受けられよう努めています。

(文責:調剤室 副主任 武梨奈)