スタッフ

ご利用案内

  • リハビリテーション科について
  • 入院リハビリテーション
  • 外来リハビリテーション
  • 心大血管疾患リハビリテーション
  • 手・指・肘のリハビリ(ハンドセラピー)
  • 脳卒中ケアユニットにおけるリハビリテーション
  • 部門紹介
  • スタッフ
  • 施設基準
  • 診療実績
  • 物理療法機器
  • 活動報告
  • 見学申込・お問合わせ
  • スタッフ募集
  • スタッフ募集

スタッフの声

新人紹介

スタッフ集合写真

田中 理子 (作業療法士)
私は人の役に立つ仕事がしたいと考え、高校生の時に作業療法士という職業があることを知り目指すようになりました。患者様と早期から関わることのできる急性期病院で、リスク管理や様々な疾患について学びたいと思い当院に入職しました。患者様の気持ちに寄り添い、より良いリハビリを行えるように頑張ります。



西村 果歩子(作業療法士)
馴染みのある道具や作業を利用しながら、患者様の状態や個性に合わせ、多彩なアプローチ方法で訓練を提供できる作業療法に魅力を感じ、作業療法士を目指しました。
急性期リハビリならではのリスク管理を学び、幅広い疾患に対応できる作業療法士になれるよう頑張ります。



満月 望巳(理学療法士)
私は誰かの生活を助ける仕事がしたいという思いから、理学療法士を志すようになりました。実習を通じて、日々病態の変動に目を向けながら、早期から患者様と関わる事のできる急性期病院に興味を持ちました。リハビリの時間が苦にならないよう、元気で明るく頑張ります。



渡久山 伶奈(理学療法士)
父が病気になった事がきっかけで理学療法士という職業に出会いました。父がリハビリを通じて元の生活に戻れた事に感銘を受け、私も病気になった方の支えになりたいと思い、理学療法士を目指しました。早期から患者様と関わる事ができる急性期病院で技術を磨き、患者様から信頼していただける理学療法士を目指して頑張りたいと思います。



櫻井 孝信(理学療法士)
私は、家族がリハビリのおかげで元気になったと理学療法士の方に感謝していたことをきっかけに理学療法士を目指しました。実習を通じて、急性期医療の場でリスク管理や様々な疾患について学びたいと考え、当院に入職しました。患者様に寄り添い、能力を最大限に引き出すことができるような理学療法士を目指して頑張ります。



清水 麻実(理学療法士)
私は医療職に興味があり、人を支える仕事がしたいと思い、理学療法士を目指しました。リスク管理が大切であり、短期間に患者様の病態と向き合うという急性期病院にやりがいを感じ、当院に入職いたしました。患者様の心のサポートと共に、より良いリハビリができるように頑張ります。



石川 将貴(理学療法士)
理学療法士という職業を知ったのはスポーツの分野でしたが、学んでいく中で、急性期医療に携わりたいという思いが強くなりました。そして育ちの地である神奈川の地域医療に携わりたいと思い、ここ菊名記念病院を選びました。
首都大学東京で学んだ事と、実習先の病院での経験、そして、先輩から多くのことを吸収して、患者さんのニーズに答えられるよう頑張っていきます。